バストアップサプリ B-UP 成分

B-UP(ビーアップ)にはどんな成分が入っているの・・・?

バストアップ効果を期待できる健康食品B-UP(ビーアップ)、
健康食品とはいえ口に含むモノだけにその成分が気になります。
そこで、B-UPの成分を徹底的に調べてみました。

 

プエラリアミリフィカ

女性らしい身体形成に不可欠な女性ホルモンのエストロゲンに極めて近い構造を持ったイソフラボンをはじめ、
有用成分ミロエステロールやデオキシミロエステロールを含むマメ科クズ属の植物です。
プエラリアに含まれイソフラボンの含有量は大豆の40倍といわれています。

 

市場に出回っているプエラリアに中には、有用成分の入っていないものや、
強い毒性を持った品種もあるため注意が必要です。

 

その点B-UP(ビーアップ)に使用されるプエラリアは、
タイ国立カセサート大学と事業提携している正規品の純正プエラリア・ミリフィカを厳選使用しています。

 

しかも、天然のプエラリア・ミリフィカであるゆえに有効成分の量が安定しないので4年間、
無農薬で栽培した後、有効成分がもっとも高まる3月〜4月に収穫するという手の込んだ方法で
採取しているのです。

 

プエラリアの働きを助ける3種の魅力アップ成分

アグアヘ

植物性エストロゲンやトコフェロール、アスコルビン酸を豊富に含み、
女性ホルモンの分泌を強烈に促すという作用を持つ果実です。
別名「おねぇフルーツ」とも呼ばれています。

 

ワイルドヤム

メキシコ原産の野生の山芋の一種。
根の部分に、血管内のコレステロールの除去や血中脂質の低減に効果のあるジオスゲニンというサポニンを含みます。
ジオスゲニンが体内で女性ホルモンのような作用をすることで近年注目されています。

 

ブラックコホシュ

北アメリカが原産のハーブの一種。
女性ホルモン様のフィトエストロゲンを含有し女性ホルモン調整作用を持つ。
生理中の女性に愛用されていたことから「女の根」と呼ばれるハーブで、ドイツでは医薬品として販売されています。

 

ダイエット効果の期待できる4種の成分

コレウスフォルスコリ

インドやネパールに自生するシソ科の植物。
インドの伝統医学「アユールブェーダ」にも登場し、インドでは一般家庭でもよく食べられています。
エネルギー代謝に関わる物質の合成を促進するため、ダイエットサポートサプリメントの原料としてお馴染みです。

 

ギムマネ

インド産のハーブの一種で、葉を噛むと甘味を感じにくくさせる作用があります。
血糖値の急激な上昇を抑え糖尿病を予防し、ダイエット効果があるハーブとして有名です。
昔からダイエットサポート原料として認知度が高くハーブティーやサプリメントも多く販売されています。
ダイエット中も甘いものが止められないという人におすすめです。

 

サラシア

インドやスリランカなどの熱帯地方に自生する、ニシキザ科 サラシア属の植物の総称。
「アユールブェーダ」でも糖尿や肥満の治療に用いられてきた歴史を持ち、
脂肪の多い食事を摂る人にぴったりのダイエットサポート原料。
生活習慣が気になる人にもおすすめです。

 

カプサイシン

唐辛子に含まれている辛味成分。
身体の新陳代謝を活発に、エネルギー消費を促進することで肥満予防の効果があります。
唐辛子を食べるとポカポカするのは、カプサイシンのパワーによるものです。
燃焼運動時のサポート役として近年再び注目を集め、多くのダイエットサポート食品に配合されています。

 

500円から始められるバストアップサプリB-UPの詳細はコチラ

バストアップサプリB-UPの詳細

ホーム RSS購読 サイトマップ